> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
> 「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺−東京地裁(時事通信)
 和牛オーナーになれば高配当が得られるとうそを言って、出資者から金をだまし取ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京都港区)社長相田勇次被告(79)の判決が27日、東京地裁であり、藤井敏明裁判長は懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 相田被告はだます意図はなかったとして無罪を主張していた。
 事件ではほかに5人が起訴され、一審ではいずれも懲役3年6月〜2年の実刑判決が言い渡されている。 

【関連ニュース】
賭博店から派遣料収受=容疑で組長ら逮捕

<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
菅家さんの録音テープ、報道陣への配布見送り(読売新聞)
周産期医療体制整備指針改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
町長失職…合併確定も撤回求め安土町議会リコールが告示 滋賀(産経新聞)
自民党新綱領の要旨(産経新聞)
[PR]
by zccqrxitg4 | 2010-01-29 10:55