> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 代表取締役刑事
代表取締役刑事(だいひょうとりしまりやくでか)は、テレビ朝日系列で日曜20時代の刑事ドラマ枠で放送されたドラマ。1990年10月7日から1991年9月29日までの全45話放送。「西部警察シリーズ」や「ゴリラ・警視庁捜査第8班」と同じく石原プロモーション制作。概要当時のキャッチコピーは「東京下町辰巳署には個性あふれる優しい刑事たちがいる。現代を写す様々な事件に立ち向かう刑事の姿を描く人情と感動のヒューマン・アクション」と言う事もあり、それまでの石原プロモーションが製作していた刑事ドラマの、西部警察やゴリラのような派手なアクションやカーチェイスは殆ど見られなかった。作風はむしろ西部警察の後番組で渡哲也が出演していた私鉄沿線97分署(制作は石原プロモーションではなく国際放映)に近く、署のロケーションだけ変更した雰囲気であった。“社会において市民を守る刑事は、企業で社員を守る代表取締役と同じ”という意味で付けられたタイトルだという。本作では東京の下町にある辰巳警察署刑事防犯課が舞台で、ロケも隅田川や勝鬨・月島周辺などが多く出てきた。ちなみに、辰巳署の外観ロケ場所でも使われていた東京都中央区勝どきにあった東京食糧ビルはクラシカルな外観が特徴で、様々なドラマのロケ場所として警察署・学校・病院などのシーンなどに使われていたが、2003年に取り壊され現在跡地はマンションになっている。舘ひろしを主演に据えて、初回は2時間スペシャルで迎えたが[1]、初回視聴率7.7%・最低視聴率5.4%と期待を大きく裏切り、低迷したまま1年で終了した。番組後半、渡哲也の直腸がんが発覚し、自分の出演シーンを全て撮り終えてから長期療養に入った。主な出演者兵頭 真(辰巳署刑事防犯課係長・警部補)…舘ひろし単独行動が多いが、部下からは憧れの存在である。部下には「係長と呼ぶな」と言っている。橘課長からは「ヘイさん」と呼ばれている。趣味は乗馬。恋人がいたが、別れている(さらに、最終回では恋人のその後も判明する)。マンション住まい。仕事でもプライベートでも三菱・ディアマンテを使用しているが「洗う暇がない」とのことで車体はいつも埃まみれである。(埃まみれの設定は舘のアイデアである。)岩田利夫(辰巳署刑事防犯課主任・巡査部長)…高松英郎呼称は「ガンさん」。単独捜査や休暇などで兵頭不在の際は、係長代行的存在である。松本正

山口大に鉱物コレクションの展示館(産経新聞)
ビル転売で8億円脱税、暴力団組長ら逮捕(読売新聞)
「朝青龍に殴られた」被害者が警視庁に相談 被害届は出さず(産経新聞)
「環境復元も」と研究チーム=2万年前の人骨発見で会見−沖縄(時事通信)
「この台出る」特別背任容疑=元パチンコ店員ら逮捕−兵庫県警(時事通信)
[PR]
by zccqrxitg4 | 2010-03-02 03:26

男一本漁で食うぜ
by zccqrxitg4
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧